また電話がきた

外で飲むのも好きですが、家でのんびり飲むのも大好きです。

自分の好きなおつまみを買ってきて家で飲むもの最高ですよ。

昨日は唐揚げを大量に作って一人で飲んでいました。

あまりにも作りすぎたため途中でギブアップしましたが…。

そんな時に電話が鳴りました。

ここ最近なにかと連絡が多い友人です。

この友人は都合がいいときだけ頼ってくる傾向があります。

いまは浮気について悩んでいるので頻繁に連絡してきます。

どうやら奥さんが浮気していて、寂しいみたいです。

別れたくないので気付かないふりしているそうですが、本当は怒り狂っているとか。

証拠を集めて相手の男から慰謝料請求したいみたいです。

離婚していないのに慰謝料だけ請求することってできるんですかね?

詳しくないのでよくわかりませんが…。

友人の話を聞いていると酔いも冷めてきてお腹もすいたので唐揚げの残りでまた飲むことに。

そういえば友人の離婚問題で調べた時に見つけたサイトが参考になったので紹介しておきます。

浮気に悩んでいる方はどうぞ。

おすすめの探偵ポータルサイト

地域名で検索

地元の情報を調べるときは地域名+〇〇って検索しますよね?

そっちのほうが情報を絞り込めるので便利です。

だって大阪に住んでいるのに、東京の美味しい居酒屋なんて出てきても困りますから。

他にも美容室や病院なんかも地域名を入れて検索します。

職場に普段ネットはあまり使わない50代の女性がいるのですが、地域名を入れずに検索していたのでビックリしました。

パン屋の情報が知りたかったらしく「美味しいパン屋教えて」って入力していたんです。

検索しない人はこんな風に使うのか!と。

地域名を入れなくても位置情報をオンにしておけば、近くの店舗が表示されますから便利なんですけどね。

でも今いる場所じゃないところの情報を知りたいときには、やはり地域名入れるしかないですね。

そういえばこの50代の女性、最近離婚したんです。

原因は旦那さんの不倫ですよ。

かなり若い女性と不倫していたみたいです。

しかもかなりお金使っていたようですよ。

不倫する男性は本当に最低野郎です。

大阪のおすすめ探偵社

マザコン夫は大変

実は、マザコン夫で苦しんでいる知り合いがいます。

結婚する前はマザコンに気づかなかったそうです。

しかし結婚後、マザコンが発覚!

いまさら離婚するわけにもいかないので仕方なく我慢しているそうですが、マザコンぶりにイライラしているとか。

確かにいい大人がお母さんに相談とか、お母さんと頻繁に連絡していたら少し引きますよね。

親を大切にする程度なら当然だと思いますが、行き過ぎた行動は問題です。

特にお母さんから頻繁に連絡が来るとか。

マザコンに苦しんでいる知り合いはお母さんから一日に10回ほど連絡が来るそうです。

ご飯何食べた?とか仕事どうだった?とか。

これは明らかに行き過ぎた行動です。

それから、相談しすぎるのも問題です。

スーツを購入しようと思うけど、どんなのがいいと思う?とか。

これを親に相談するなんてマザコンですよ。

知り合いも呆れていました。

最終的にはお母さんと一緒にスーツを購入しに行ったそうです。

結婚前に身辺調査でマザコン度とかチェックできるのかな?

ダイエットしてるけど

連休に突入したので、今日もお酒を飲みながら書いています。

ほろ酔い気分で書くブログは楽しい♪なんてね。

ここ最近はお酒を飲むときにおつまみもたくさん食べます。

それなので、体重は一気に増加しました。

お酒には脂っこい食べ物とか合うんですよね。

なのでダイエットしないといけないと思いつつも食べていました。

しかし、体重が10キロ増加したのでさすがにヤバイと思いダイエットを決意します。

お酒はやめることできないので、せめておつまみはヘルシーなものにしています。

しかし減らない。全然減らない体重。

増えるときはあっという間だったのに、減るのは本当に難しい。

そういえば、遺伝子検査のダイエット版があるみたいなのでやってみようかな。

かなり詳細にアドバイスしてくれるらしいので、もしかしたら痩せることができるかもしれない。

値段もそんなに高くないし、飲み屋でのネタにもなるしやってみるか。

連休中だから購入してもまだ届かないだろうけど、善は急げ!

遺伝子検査おすすめはコレ!

保険会社とのやり取りは面倒

交通事故に巻き込まれたご近所さんが、愚痴っていました。

ケガはたいしたことないそうですが、やり取りが非常に面倒だそうです。

保険会社の人とやり取りするだけでも時間がかかりますからね。

初めて交通事故に巻き込まれたのでどう対応していいのかわからないそうです。

保険会社の言うとおりに進めて大丈夫かな?と心配になっているみたいです。

たしかに知識がなかったら、もしかしたら良いように言いくるめられているのかも?と思ってしまいますよね。

そんな不安や面倒なやり取りから開放されるなら弁護士に依頼するのがベストです。

弁護士であればプロなので、保険会社とのやり取りだけでなく賠償金の増額も期待できます。

弁護士に依頼するのは緊張するかもしれませんが、親身に相談に乗ってくれるので大丈夫ですよ。

交通事故損害賠償請求におすすめの弁護士はネットで探せばたくさんヒットします。

ここで注意してほしいのが、本当に交通事故に強い弁護士かどうかです。

交通事故に詳しくない弁護士に依頼しないように気をつけてください。

居酒屋で悩み相談

今日はいつもの居酒屋ではなく、新規オープンした居酒屋に行ってみました。

一人酒はもう慣れているのですが、オープン記念で焼き鳥が安かったため多くの人で賑わっていました。

そこで仲良くなったのが、隣に座っている年配の女性です。

年配の女性が一人でお酒を飲みに来るなんて珍しいですよね。

普通は旦那さんか友人と一緒ですから。

お酒が入っていることもあり話が弾んで悩み相談をされました。

父親は昔からやんちゃな人で結婚離婚を繰り返し、最終的には一人になったそうです。

そして、現在行方不明になっているとか。

お金にもルーズな人だったらしく、その関係で蒸発したのかもしれないと言っていました。

ここ数日、探し回ったものの見つからなかったそうです。

あまりにも疲れてしまったので一人で飲みに来たとか。

家出人探しは詳しくありませんが、探偵とか利用したら確実に見つかるんじゃないかな?とアドバイスしました。

お金はかかりますが、自分で探すよりは確実に見つけてくれるはずです。

参考: 家出人探しにおすすめの探偵事務所

刃折れ矢尽きた後輩に再会

昨日、街で後思わぬ人に出くわしました。

会社の後輩だったが、だいぶ前にIT関係で独立した人です。

独立後は羽振りがよくて、たまに会うといい店に連れていって割り勘を拒否して奢ってくれました。

しかし、いつまでも安月給で会社に飼われている先輩を見下しているような口調が不愉快で、だんだん会わなくなっていたのです。

昨日会った彼は別人のようにしょぼくれていました。

仕事はうまく行かなくなって廃業し、工場に就職したそうです。

私は元気づけに焼肉に連れていってやることにしました。

ビールを飲み、カルビをつつきながら、彼の身の上話を聞きました。

事業では廃業後も1000万円近い借金が残り、工場に職を得たものの安月給では到底完済の目途が立たず、自己破産を覚悟したそうです。

しかし、両親が何とか700万円用立ててくれて残債は300万円になり、任意整理で解決できました。

任意整理に詳しい弁護士を自分で見つけて、処理を進めました。

任意整理も信用情報に自己記録が残りますが、自己破産よりははるかに傷が浅いです。

彼の言動に以前のような傲慢さはなかったですが、謙虚を超えて覇気がない状態まで来ていたので、励ましてやりました。

「一度は独立して成功したことにもっと自信を持て。前を向いてたらまたチャンスは来る。」と。

次に会った時は再び成功していて、高級店でこの日のお礼をしてほしいものです。

近頃の若い男事情

立ち飲み屋で仲良くなった若い男の子と話しました。

私の若い頃は車の好きな若者が多かったので、車の話を振ったのですが、興味がないようでした。

彼が特別という訳ではなく、友達でも車に興味がある人は少ないらしい。

車なんて必要な時に借りたりシェアしたらいいものであって、お金をつぎ込むほどの対象じゃないと考えている人が増えているそうです。

面白いなと思い、最近の若い男性の事情を色々聞いてみました。

美容もすごく力を入れているのが、昔と全然違うなと思いました。

メンズサロンに通う人も増えているそうです。

まあそこまで行かなくとも、デオドラントケアとムダ毛処理はマストとのこと。

最近の女の子はムダ毛ケアをしてないような男は門前払いという子が多いからだそうです。

彼は立ち飲み屋に来るぐらいなので、メンズサロンに通ったり、医療脱毛などはできませんが、自宅でケアしているとのこと。

メンズ用の除毛クリームを使っていると言っていました。

除毛クリームとは、毛のケラチンを溶かす物質が入ったクリームを塗って、毛を全部拭き取りつるつるにするものです。

参考: メンズ除毛クリームおすすめランキング

当たり前のことですが、世代によって金や気を使うところがどんどん変わっているのだなと痛感しました。

昨夜の飲み友達

昨夜、焼き鳥屋のカウンターで飲んでいると、例によって隣の人と仲良くなってしまいました。

その人は左手の小指の先がなかったので、最初はヤクザか、元ヤクザかなと思いました。

しかし、話しぶりは温厚そのもので、そんな感じは片鱗もありません。

よく見ると左手が全体的に少し変形していて不自由そうだったので、仲良くなったころをみはからって「事故ですか?」と聞いてみました。

「あ、これですか?昔、交通事故に遭って潰された車体に挟まって動けなくなってね。」

痛みや障害者になってしまったショックで入院中は大変だったそうです。

当時はお金がなくて治療費の支払いがきつく、会社も首になるのではと心配で、体の不安だけでなく、経済的な不安にずっとつきまとわれていたとか。

それで示談金がかなりの額だったので、思わず判をついてしまったそうです。

相場とかもわからなかったし、当時は今のようにネットで手軽に調べることもできなかった。

しかし、何年も経ってある弁護士に話を聞くと、4倍、少なくとも3倍は取れたはずと言われました。

悔しくて腹も立ちましたが、もう手遅れです。

「交通事故に遭ったら、慌てて示談書に判をついちゃダメだよ。まずはよく調べること。一番いいのは交通事故に詳しい弁護士さんに相談することだね。」

彼のアドバイスは心に留めておきたいです。

参考: 交通事故被害者・示談のテクニック

人恋しい夜

私は一日の終わりにはいつも一杯やります。

飲む場所は赤ちょうちん、気楽な居酒屋です。

今風のしゃれたバーとかには行きません。

そして帰りにコンビニで寝酒とおつまみを買って帰ります。

飲んでるとやっぱり人恋しくなりますね。

昔の友達とか恋人とかに会いたくなりますね。

長い間、同窓会にも行っていないので、連絡先すらわかりませんが。

以前に「徳光和夫の『逢いたい』」という番組で、原一探偵事務所という探偵社が依頼者の懐かしい人を探していました。

同窓会からも遠ざかって行方の分からない人も、探偵に頼めば見つけてくれるみたいです。

ただ、結構なお金がかかるんじゃないかとは思いますが。

逢いたいなと思う反面、相手に事情があって昔の知り合いと顔をあわせたくない場合もあるかも、などとも考えてしまいます。

でも、そんなことは取り越し苦労で、実際に会えば再会を喜び合える気もします。

うーん、会った方がいいのか、会わない方が花なのか。

どっちにするかはともかく、逢いたい、逢いたいと思って飲んでいる今が幸せです。